Eコマース・コールバックツール入門|SaleCycleブログ

本稿では、SaleCycleのCall Me機能について、及びオンラインリテーラーがコールバック機能を用いてコンバージョンレートを増加させる方法をご紹介します。

Call Me機能とは?使い方は?

当社のCall Me機能は店舗体験をオンラインへと拡張する完璧な方法です!実店舗でのショッピング中、探している商品が見つからない場合や、商品について質問がある時に、近くにスタッフがいない状況ほどイライラするものはありません!

オンラインでも同じ問題が発生します。そこでヘルプや回答などの対応を受けられなかった消費者は、何も買わずに去って行ってしまいます!

Call Me機能では、買い物中の消費者が助けを求めていそうな時に、企業側から電話をかけることで、実店舗体験をオンラインでも提供することができます。

この機能は、消費者が「大きな買い物」中、商品について詳しく調べるまでは購入したくないという時に効果を発揮します。加えて、消費者がコンバート前に更なる質問を抱いている可能性がある、契約やツアー商品などと相性が良いです。

ここでのカギはタイミングです。消費者が購入を離脱するタイミングを見極めるのが肝心で、ここのトリガー時間は閲覧商品毎に設定可能です。

消費者が離脱の意思を見せると、カスタマイズ可能なメッセージが現れ、質問や疑問への回答の電話が欲しい場合に電話番号の入力を促します。このメッセージを商品や消費者に合わせて調整することが重要です。

この機能にはいくつかのディスプレイオプションがあり、消費者に控えめな通知を送るものから、フルスクリーンのメッセージでインパクトを与えるものまであります。是非色々なディスプレイオプションを試して、貴社ブランドに合い、コンバージョンに繋がる多くの電話を生み出す設定を見つけてみてください。

ここから、消費者の電話番号が貴社に送られ、担当者が直接電話をかけて対応することが可能になります。

まとめ

消費者がセールスパーソンやカスタマーサービスと話す機会を設けることで、企業の対応力の証明になり、コンバージョンと顧客信頼度の増加が期待できます。

消費者の質問や問題を認識し、手伝おうとしている姿勢の証明になります。

このサービスを提供することで、顧客の満足度上昇に向かう大きなステップとなり、トップカスタマーサービスを持つことで他ブランドとの差をつけることができます。