Eコマースサイトの在庫数/閲覧数のリアルタイム表示|SaleCycleブログ

Eコマースサイトは在庫の残数、直近の購入数、商品詳細ページでの閲覧人数の表示などリアルタイムにお客様が滞在されるページにおけるトレンドメッセージを活用してコンバージョンを増加させることができます。有益な情報をトレンドやデータとして特定商品に紐づけることで、消費者の購入を後押しすることができます。

表示可能なライブトレンドデータとは?

ライブトレンドはサイト上の機能で、商品の在庫数、該当商品を閲覧中の消費者数、一定期間内に商品を購入した消費者数などを表示するために使われます。

このデータを表示することで、消費者の購入への決断を後押しし、更に焦らすテクニックでコンバージョンを加速させることができます!

コンバージョンで最高の結果を出すコツは、消費者のFOMO(Fear Of Missing Out – 見逃すことの恐怖)を利用することです。

想像してみてください。理想の靴を見つけ、後で戻って来るために買い物かごに追加しようとします。

そこで、ライブトレンド機能が希望サイズの在庫が1足しか残っていないと忠告しています!見逃す前に、早めに購入しなければなりません。

大衆の力は侮れません。最近商品を閲覧した人数を表示することで、貴社のEコマースサイトのソーシャルプルーフが上がります。

消費者は常に最も高品質で人気な商品を探し求め、最近多くの消費者が閲覧した商品は信頼が保証されます。この情報は、顧客をチェックアウトページへとプッシュすることも期待できます。

更に、特定の商品を閲覧した人数を表示することで、コンバージョンを加速させる「焦り」をもたらします。

ライブトレンドを発信するタイミング

ライブトレンドは様々な方法で発信することができます。最も効果的な方法のいくつかをご紹介します:

時間ベース

時間ベースの発信は、消費者が初めてページを開いた時や、一定時間放置した際にディスプレイを表示します。

これらのタイミングはカスタマイズでき、貴社製品のニーズに合わせた調整が可能です。しかし、この機能もやり過ぎは禁物です。希少性と有益情報のバランスは常に維持しましょう!

閉じる瞬間

消費者が商品ページを開いた瞬間に、ポップアップディスプレイの嵐!ということは放棄に繋がる可能性があるため、避けるべきです。

代わりに、この表示オプションは閲覧者がカーソルをウィンドウの外へと動かし、ブラウザを閉じようとした際に表示します。ここでライブトレンドデータが消費者をあの赤い×印から遠ざけることが期待できます。

クリックに反応

最後に、この表示オプションは閲覧者がページ内の特定のボタンやリンクをクリックした際に発動します。ここで表示されるデータは閲覧者が何をクリックしたかの補足の役割を持ち、機能的です。