Eコマースにおけるライブトレンドデータの例|SaleCycleブログ

未分類

消費者にライブトレンドデータを提供することは、消費者の購入の決断を左右する有益な情報を提供することになります。

場面によっては、焦らせる作戦でコンバージョンを伸ばす活用も可能です。

ライブトレンドデータの典型的な用途としては、商品の在庫の表示や、希少性を活かしたマーケティング戦略が挙がります。

本稿では、ユーザーをサポートし、コンバージョンを増加させるようにライブトレンドを活用しているサイトを複数ご紹介します。

トラベルにおけるライブトレンド

ライブトレンドを効率的に活用している業界の1つは、トラベルです。これはホテル、フライト、カーハイヤー、パッケージツアーなどを含みます。

これらのサイトはFOMO(取り逃す恐怖)を活用し、消費者にコンバートを促しています。下記の例はBooking.comのページです。

ホテルサイトではユーザーの検索能力とホテルの空室状況という制約が存在し、データの幅が定まっているため、ライブトレンドデータとの相性は抜群です。

ここではBooking.comはセールスを伸ばすためにライブトレンドを2か所で活用しています。ソーシャルプルーフのテクニックを使い、直近24時間以内に2件の予約が入っている旨を伝えることで、ホテルの信頼度を上げています。

更に、残りの空き部屋が1つしかないという情報は購入を早めます。これは、消費者は取り逃すことを恐れており、興味さえあれば他のリサーチをせずに購入へと仕向けることができるからです。

Booking.comはライブトレンドデータを非常に上手く活用しています。消費者は通知の雨に打たれずに、しかし購入への1歩を後押しするほどのトレンドデータが使われています。

在庫レベル

アパレルにおけるライブトレンドの活用は、売り上げを伸ばし、消費者が放棄して他で買い物をすることを防ぎます。

ここではOfficeが商品ページで在庫レベルデータを表示しています。この表示により、消費者は取り逃すリスクを把握し、購入への決断を早めることができます。

しかし、在庫レベルを表示する際には、やり過ぎないことが肝心です。消費者がブラウズする度にこのメッセージを受信した場合、このメッセージの効果は薄れてしまいます。

在庫レベルを効果的に活用しているもう1つのEコマースサイトはAmazonです。

Amazonはここで在庫レベルを活用し、消費者のコンバートを促すだけでなく、すぐ隣にプロモーションコードを置いています。

これによって、消費者はより大きな買い物をする勇気を持ち、取り逃したくない心理が働き、割引の存在が顧客の買い物を正当化するのです。

ライブトレンドテイクオーバー

ライブトレンドデータはコンバージョン増加のためのとても効果的なテクニックではありますが、使い方によっては顧客体験に悪影響を及ぼす恐れがあります。

この課題のVeryによる解決法は、ライブトレンドを数秒間だけ表示することです。

ライブトレンドを数秒間のみ表示することで、メッセージが効果的に、かつ邪魔にならずに伝わり、目障りになりやすい全画面表示も短縮することができます。

ライブトレンドのタイミングは用途に合わせて調節可能ですが、短い時間を推奨します。

ライブトレンドディスプレイオプション

それぞれの異なるディスプレイオプションは異なる結果を伴い、Flight Networkは特定フライトを閲覧中の人数を表示するために軽いオーバーレイ表示を活用しています。

ブッキングプロセス中にこれを表示することにより、閲覧中のフライトオプションの需要をリマインドし、コンバージョンを早める「焦り」の効果を加えることができます。それと同時に、この小さな表示はブッキングプロセスの邪魔を一切しません。

より注意を惹くライブトレンド使用法はフルスクリーン表示です。

この方法は消費者のショッピングを妨げる恐れがあるため、最も効果的に活用するには、一定時間操作が無い場合や、ページを離れようとした際に表示するのがよいでしょう。

これでメッセージは正しいタイミング(消費者がサイトを離れようとしているタイミング)で表示され、逆に購入しようとしている時には邪魔をせずに済みます。

まとめ

オンラインリテーラーは顧客動向、商品閲覧、そして購入傾向などの膨大なデータを所持しており、これを使い他の消費者へのサービス向上を図ることは売手にもメリットになります。正しいコンテキストで表示された時、ライブトレンドデータは消費者に購入への優しい後押しをすることができます。