ブラックフライデー・サイバーマンデーへのリテーラーの準備|SaleCycleブログ

マーケティング

ブラックフライデーとサイバーマンデーが近づく今、この大きなセールスイベントに向けて、オンラインリテーラーがどのような準備を進めているのでしょうか。

昨年、ブラックフライデーのオンラインセールスは62億ドルを記録しており、2013年の19.3億ドルよりも増加しています。サイバーマンデーは更に大きく、2018年のオンラインセールスは79億ドルとなりました。

ブラックフライデーというお祭りに参加しない方針のリテーラーも一定数存在しますが、大半はブラックフライデー前後にプロモーションやセールイベントを企画しています。

ブラックフライデーセールの周知

ブラックフライデー前後には、トラフィックや閲覧者の獲得競争の増加が見込まれます。そこでカギとなるのが、貴社のセール情報を広め、消費者の意識の中に印象付けることです。

TargetのEメールは11月上旬に配信され、既にサイトに掲載されているセール情報を閲覧するよう消費者に促しています。

また、早期アクセスの提供も、ポイントサービスのサインアップやクレジット・デビットカード類契約の継続の増加を補助します。これらに参加した消費者は、ブラックフライデーの2日前からセールにアクセスすることができます。

Walmartではブラックフライデーセールは11月27日まで始まりませんが、提供予定のセール情報を表示する他、消費者に近い店舗の情報も掲載しています。

ブラックフライデーセール期間の延長

少し前までは一つの長い週末イベント(ブラックフライデーからサイバーマンデーまで)でしたが、ブラックフライデーは今ではもっと長いセールイベントとなり、ほとんどは1週間前に始まり、多くは更に早めに開始しています。

早期ブラックフライデーセールは、リテーラーがライバルとの差をつけるチャンスです。消費者が近日中のセール情報を検索し、トラフィックも増加する傾向にあります。

早期のうちに割引を提供することで、これらの閲覧者にイベント開始前に購入するよう促すことができます。

要因はもう一つあります。ブラックフライデーのトラフィック増加に伴い、過去に大手リテーラーのサイトがクラッシュや重くなったことがあるので、リテーラー各社が分散してサイトへの負荷を軽減するという目的もあります。

HPは既にプロモーションを実施しており、特定の商品において3日間のセールを開催しています。この期間限定セールは、カウントダウンタイマーの活用も相まって、ブラックフライデーよりも前の購入を消費者に促しています。

早期セールも効果はありますが、当社の調べによると、やはり消費者はブラックフライデー当日に最大のセールを期待しているようです。

Home Depotは似たアプローチを取っており、ホームページは既に完全なブラックフライデーモードに入っています。

1つの活用方法は、Currys PC Worldのように価格保証を提供することです。この保証は、ブラックフライデー当日により大きな値下げが起きた場合に、差額を補填するものです。

これは、消費者のより有益なディスカウントを取り逃す恐れを克服し、購入を決断するためのテクニックです。

リピーターの獲得

ブラックフライデーマーケティングの1つの目標は、サイトに戻る理由をたくさん作り、閲覧者が繰り返し訪れるようにすることです。

Best Buyの「doorbuster」セールはこれの良い例です。これらは期間限定のセールで、消費者に待つよりも買うよう促すものです。

毎日テキスト告知を配信することで、Best Buyはブラックフライデーセールのお知らせを配信するための膨大なデータベースを構築しています。

また、Kohl’sは11月19日までの期間中、支払金額$50毎に$10を「Kohl’s Cash」で還元しています。

この戦略には2つの特徴があります。消費者はブラックフライデーに向けて購買意欲が高まり、還元(ギフトカード形式)が彼らを呼び戻すのです。