フィーチャーフォーカス: カゴ落ちEメール|SaleCycleブログ

未分類

消費者が外出してショッピングを楽しむことをためらう今、オンラインリテール市場は成長を続けています。これはもちろんEコマースにとって嬉しいニュースですが、同時に課題ももたらしています。トラフィックの増加は、ほとんどの業界においてカゴ落ちの増加を引き起こしています。

現状の意味とは?

オンラインショッピングにおけるトラフィックの増加は、消費者がカートに商品を入れたままサイトを離れる行動の件数も増やし、中には二度とサイトに戻らなかったケースもあります。

原因

カゴ落ちには、下記を含む様々な要因が関係しています。

  • 明記されない配送料
  • 配送に時間がかかる
  • ディスカウントコードの不具合
  • ウィンドウショッピング

なぜこの現象がコロナ禍で増加したのか?

新型コロナウイルスは世界的にオンラインでの買い物を強制しました。よって、同時に値段を気にする消費者が増えたのも事実です。彼らは複数の選択肢の価格などを比較しています。こうしてカート比較が急増し、購入まで至らないケースが増えています。

顧客の離脱を防ぐには?

  • 頻繁に価格を見直す
  • 送料などを明記する
  • 進捗バーを活用し、無料配送サービスなどをプッシュ
  • ページの読み込み速度はなるべく速く
  • 商品レビューを表示する

カゴ落ち発生時に取るべきアクションは?

カゴ落ちは最大級のEコマース企業の数々をも悩ませており、平均カゴ落ち率は約80%にまで及びます。ここで活用できるツールが、SaleCycle社のカゴ落ちEメールです。SaleCycleは業界特化の分析を駆使し、顧客をカートへと呼び戻し、購入を完了するまでのルートを再構築します。

結果

SaleCycle社のカゴ落ちEメールは平均開封率が48%、売り上げへのコンバート率は3%以上となりました。

事例紹介