オンラインファッションリテール:主要統計11選|SaleCycleブログ

オンラインファッション市場の重要な統計をいくつかご紹介します。

グローバルファッションEコマース市場

Statistaによると、全世界でのファッションEコマース市場の規模は2018年で4810億ドルとなっており、2022年までに7130億ドルにまで成長すると予測されています。

端末別ファッション売り上げ

モバイルトラフィックの売り上げへのコンバートにおいては、ファッションサイトが最も効率的です。

モバイル端末は、オンラインファッションリテーラーへのトラフィックのうち65.4%、また売り上げのうち57.1%を占めており、全リテール平均よりも圧倒的に高くなっています。

アメリカの人気ファッションサイト

Internet Retailerの調査によると、ファッションとしてはあまり有名ではないAmazonがオンラインでの衣服購入において最も人気なサイトです。

ファッションとSEO

PI Datametrics UK Fashion Market Leadersレポートによると、Nextがいくつかの最も高価なファッション関連キーワードの「share of voice」において最高の11.3%シェアを記録しています。

続いてDebenhamsは6.52%、そしてBoohoo.comグループ(BoohooとPrettyLittleThing)は合計10.8%のサーチビジビリティとなっています。

アメリカでは、Macy’sが9.13%のシェアでトップに立ち、Amazon(7.73%)とNordstrom(6.02%)が続いています。

オンライン・オフラインファッション購入の頻度

Internet Retailerによると、アメリカの消費者の14.9%はオンラインで服を買わず、反対に実店舗で買わない消費者は6.4%に留まりました。

オンラインファッションショッピングに使われている端末

アメリカとイギリスの、34歳以下の回答者の大半はスマートフォンでのファッションサイト閲覧を好んでいます。

ファッションEコマースにおけるAOVとコンバージョンレート

Nostoの統計によると、ファッションEコマースにおけるコンバージョンレートは、モバイルよりもデスクトップのほうが高くなっています。

最も高いコンバージョンレートはイギリスとDACHの国々(ドイツ、オーストリア、スイス)で、2.9%となっています。

平均購入単価(AOV)においてもデスクトップが若干上回っており、アメリカの消費者のトランザクション毎の平均消費額はデスクトップで$103、モバイルで$93です。

オンラインで服を買う主なメリット

楽天の調査によると、オンラインで服を購入する主な理由は商品の種類と価格に関係しているようです。

オンラインファッションショッピングでのストレス

楽天の調査によると、オンラインファッションショッピングにおける最大の問題は、サイズです。

ファッションのカート離脱

比較的単純な決断と購入プロセスのおかげで、ファッションサイトは弊社のモニター対象の5セクターの中で最低の離脱レートを誇ります。

ファッションサイトでのは69.1%に留まり、平均の75.6%よりかなり低くなっています。

アパレル商品購入における離脱の理由

消費者がオンラインファッション購入を離脱することにはいくつかの理由があります。

主な要因として、製品クオリティー、サイズ感や見た目の懸念が大きく、これらはファッションリテーラーに、商品を近くで見たりぴったりのサイズを見つけたりできる、実店舗の特徴をどれだけオンラインにも組み込めるかの課題となります。